FC2ブログ
フェイヨンの隠者 ~年老いた軍師の回想録~
その昔、ラグナロクオンライン(RO)のIris,EirサーバでGvGを戦った、叩き上げの元参謀がフェイヨンの酒場で静かに語る昔話。そして彼がかつて戦場にあった折、経験の中で得た、いくつかの教訓と知識。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4,永久的な発展-同盟を結びし者たち-(44)
 「この問題の本質は、ワープポータル要員の人員数ではないのぅ」
 老人の言葉を聞いて、あっけに取られる若者と高司祭。
 「ワープポータルそのものの絶対数が、この問題の本質じゃろう。より正確を期すならば、移動人数がピークになる時のワープポータルの絶対数というべきじゃろうな」
 「確かに、そうですね。ワープポータルの展開数は、熟達した司祭であっても3個が限度…人数も8人が限界のはずです」
 「そういう意味では、この問題の解決策としては、ピーク時にワープポータルの絶対数を確保するような方法を考えればよいわけじゃが…ここまで言って、お前さんは何も気づかんのか?」

 老人の問いかけは、いつも向けられる先の若者にではなく、高司祭のほうを向いていた。水を向けられた高司祭は考え込んだが、
 「うーん…何のことでしょう。思い当たりませんが…」
 という返答が力なく返ってきてしまった。
 「やれやれ、すっかり忘れてしまっておるようじゃのう…」
 はぁ。老人は軽くため息をつくと、かけていた椅子に座りなおし、居住まいを正す。

 「わしがかつて現役じゃった頃、この問題はすでに解決されておったではないか。かつては攻城戦に参加するプリースト、モンクの多くが、攻め先や防衛先のポータルを事前に取得しておき、ピーク時にはそれらを展開してワープポータル要員の援護をしたものじゃったろう?」

 「あ! そういえばそうでしたね」
 高司祭はそれを聞いて、過去の自分たちが取ってきた戦い方を思い出したようだった。
 「忘れておったようじゃな。察するに、ポータル要員を専任で置くようになるという時代の変化が、この戦い方を不要にしたのじゃろうが…いつこういう時が訪れるとも分からぬ。常々言っておるように、自らのしてきた事を忘れぬようにすることじゃな」
 
 コメントをもらったのでお返事ー。

>サボった人はグラウンド100周>w<
>でもご老人は若返らなきゃいけないから更に1000週追加>w<

 若返るとかえって若いもんに遠慮させるから若返んなくていいの。
 βテスター時代から仕事してきた団塊(!)の世代は、そろそろニヤニヤしながらEirのGvを眺めている方が面白くなってきたのですよ。
 たまにハッパかけることもありますけどね。

>「フェイヨンの隠者」背景 にある「三代目」はプリでなく騎士だったような(´ω`) !!!!

 あ、マスターキャラはそうだったかもしれない…(汗
 まぁ演出上こっちの方が可憐に見えるから良いかなぁと。
 というかあなた、それを言い出したら、3代目はプリでもあり騎士でもありスパノビでもあり…他にも数キャラいたような気が…
 別キャラ多すぎでs…

>見慣れぬ客を興味深く見つめる、あどけなさを残した顔の女性プリースト

 正解です。

>近くにいた男プリースト

 これは特に誰というわけでもないんですけどね。彼はむしろ、今登場してます。

>先ほどまでギルド会話で話していたプリースト

>「例えば、現段階でこういった作業ができるGv有識者は、うちのギルドの場合、ここにいる3名だけだ」
>「あたしも…含まれてるの?」
> プリーストは意外そうな表情だったが、ハンターはさも当然とばかりに、
>「そうだよ。ここに来た時点で既に巻き込まれているからね」
> ニヤリと笑いながら答えた。
>「はめられた…かな?」

 むぅ。本人は既に気がついているんですよ。
 この人は、↑でコメントのお返事を返したまさにその人です。

 まぁ、回想録といっても、登場人物と実際の人物が1対1で対応がついているとは必ずしも言えないようにはなってます。
 分かる人には明らかに分かるってキャラも出してるんですが、演出と話の流れを分かりやすくするために、一人の人間に二人分の台詞を言わせたり、逆をやっていたりすることもあります。

>リンクしたいと思ったけどどうなんでしょうね

 建前も本音もリンクフリーなので、必要ならリンクしていただいてOKですよー。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/02/15(水) 09:43:27 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/02/15(水) 23:33:37 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://thimer.blog18.fc2.com/tb.php/95-2016f8cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。