FC2ブログ
フェイヨンの隠者 ~年老いた軍師の回想録~
その昔、ラグナロクオンライン(RO)のIris,EirサーバでGvGを戦った、叩き上げの元参謀がフェイヨンの酒場で静かに語る昔話。そして彼がかつて戦場にあった折、経験の中で得た、いくつかの教訓と知識。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4,永久的な発展-同盟を結びし者たち-(31)
 こんにちは。今日は帰納法の説明からはじめましょうか。

 帰納法というのは、例によって辞書を持ってくると、

帰納的推理による事象の研究法。F =ベーコンを経て、J = S =ミルにより自然科学の方法として定式化された。結論の蓋然的命題は「自然の斉一性」を仮定することで普遍的法則とみなされ因果関係が確定される。ミルでは、一致法・差異法・一致差異併用法・剰余法・共変法の五方法に類別される。
(Powered by goo)

 ……。
 まぁ、あれですね。これだけでは何を言っているかよく分からない、と。
 そこで、帰納法の定義にある帰納的推理について調べてみると、

特殊な個々の前提から一般的な結論を帰納により導き出す推理。得られた結論は蓋然(がいぜん)的な確かさしかもたない。
(Powered by goo)

 もう少し噛み砕きましょう。
 帰納的推理とは、実際に起こった出来事や観測された事柄から、一般的な法則、本質を導き出そうとする推理方法です。

 例えば、会社の年功序列について語るときに、

・観察結果1 「A社は年功序列制を廃止して活気が戻った」
・観察結果2 「B社は年功序列制を廃止して業績が上向いた」
・観察結果3 「C社は年功序列制を廃止して学生の評価が上がった」
    ↓
 「年功序列の廃止がさまざまなところで成果を挙げつつある」

引用元:自分戦略研究所 「問題解決力」を高める思考スキル(3)

 例えばこんな感じで、観察結果から一般論を導き出すという発想になります。

 帰納法について分かったところで、それをどう用いたのか。
 そいつは次回にお話しましょうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://thimer.blog18.fc2.com/tb.php/82-98a6398b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。