フェイヨンの隠者 ~年老いた軍師の回想録~
その昔、ラグナロクオンライン(RO)のIris,EirサーバでGvGを戦った、叩き上げの元参謀がフェイヨンの酒場で静かに語る昔話。そして彼がかつて戦場にあった折、経験の中で得た、いくつかの教訓と知識。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4,永久的な発展-同盟を結びし者たち-(86)
 さて。
 同盟というものは、単に組織してGvをするだけではなく、方向性を意識して運営していく必要があり、その方向性は個々人の意識から得られる、ということが、ここまで述べてきたことです。

 この方向性というのは同盟の性格を決定付けるもので、同盟の今後を左右する大きな要素と言えます。
 具体的には、

・作戦内容の傾向性
・同盟資金の投資用途
・他同盟との外交方針
・新たにギルドに加えるメンバー

 といった、いずれも重要な活動内容に対して大きな影響を与えます。

 ことに、同盟内のギルドにおける人の出入りは、この同盟の方向性/方針に合う、合わないから来ていることが多いため、同盟が自勢力を維持する/拡大させるためには、いかに多くの人々を糾合できる方針を掲げられるか、という点に注意を払わなければならなくなってきます。

 私自身が同盟運営に参加していたときに、繰り返し同盟の首脳部に問いかけ続けていたのは、「自分たちは何のためにGvをやっているのか?」ということでした。
 首脳部のメンバーだけでなく、同盟のメンバー一人一人がどう考えており、彼らがどれだけそれを意識できているか。常にそのことを忘れないように、という意図で問いかけていたことでもあります。
 首脳部の意識とメンバーの意識にずれが出てしまったとき、同盟の勢力を維持することができなくなるのは自明だからです。

 この意識のずれを埋めるため、首脳部がどれだけメンバーの声に耳を傾け、彼らを納得させる形でGvを演出できるかどうか。
 同盟を指揮する者の一つの要諦と言えるでしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/04/26(木) 10:52:15 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/05/05(土) 17:08:05 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/07/23(月) 11:41:59 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/10/31(水) 22:28:29 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/11/14(水) 19:14:25 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://thimer.blog18.fc2.com/tb.php/151-44ed366d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。