FC2ブログ
フェイヨンの隠者 ~年老いた軍師の回想録~
その昔、ラグナロクオンライン(RO)のIris,EirサーバでGvGを戦った、叩き上げの元参謀がフェイヨンの酒場で静かに語る昔話。そして彼がかつて戦場にあった折、経験の中で得た、いくつかの教訓と知識。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4,永久的な発展-同盟を結びし者たち-(82)
 最後の2つのテーマを考える上で、最初の出発点をここに設定しました。
 すなわち「同盟はなんのためにあるのか?」。

 同盟に携わる者としては、色々な見方があります。
 その中で、同盟を「大規模なGvを実現するための組織」と考えたときに、その同盟の存在意義が、ある程度明らかになってきます。
 といって、同盟結成の目的を「大規模なGvを実現するため」と答えるのは早合点です。
 それは同盟自体にとっての目的であり、同盟の参加者にとっては手段でしかありません。

 私なりに答えると「大規模なGvをギルドメンバーが楽しめるようにする」という点が、「メンバーから見た」同盟結成の真の目的と言えるのではないか、と思います。


 「…と思うのですが、ご老人はいかがお考えですか?」
 老人はカップをテーブルに戻すと、大きくうなづいた。
 「全く異論はないのぅ。メンバーが戦いを楽しめなければ、何のための同盟か。戦うこと自体は手段であって目的ではないのじゃからのぅ」
 「そうですね」
 「最初にお前さんが発した、『どの方向に進むべきか』という問いの答えは、この目的に合致していなければならない、というのが、わしから言えることの一つじゃな」


 といっても、あまりにも抽象的ではないかと、ツッコミが入りそうな回答ではあります。
 『同盟がどの方向に進むべきか?』に対する回答が、『大規模なGvを楽しむために必要な方向に進む』では、確かに誰が聞いても具体的なイメージを展開しづらいでしょう。

 一見抽象的なこの問題に対しては、実は既に答を言ってしまっています。次回でそれを思い出してみましょう。
お返事お返事。

>更新再開おめでとー?ヽ('ω'*)ノ

 さぁどうだろうねぇ…(笑)。仕事が忙しいから勢いがどこまで続くか微妙なところ。
 ただ、「栄光のEinherjar」でBlogを書く元気をもらえたので、それはありがたかったですな。

>私としては負け前提でチャレンジするよりも、
>何か新しいこと探るにしてももっと勝ちにこだわりたかった(笑)

 もう歳なのかもしれませんが、と前置きして。

 私みたいにGv開始以来一兵卒から総司令官、さらにコンサル、後見役まで一通りGvをやりつくしてしまうと、もはや勝敗といったものを超越と言うか、達観するかのような境地に至っています。

 重要なのは、皆で『成し遂げること』。
 敵は目の前のプレイヤーや敵同盟というよりも(敵同盟と言いつつ後輩だったりするし…)、挫折や、思慮不足や機会損失といった、『成し遂げること』を妨げる諸々の物になっていますね。

 その意味では、今回はティラノ氏の努力の元、『成し遂げること』については達成できたんじゃないかなと。
 もしあの企画が途中で挫折しそうになったら、私も色々と手を貸そうかと思ってはいましたが、そういったこともなかったので、今回は隠者としてイベントの遂行を静観させてもらった、という経緯もありました。

 勝ちにこだわる本領は、どうやらFEZで遺憾なく発揮されているようで、何よりです。
 うちのDホルも弱い弱いと言われながらも、しばらくの間「始まりの大地」周辺を占領していたようで、どうやら弱小国の汚名返上の日も近いようですよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://thimer.blog18.fc2.com/tb.php/147-cd47f3f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。